テーマ:爬虫類

あけましておめでとう 「果報は寝て待て」

年に数回の更新していない濁酒ですがまだ続けます。 昨年はマルコを義母に托し、自宅を離れた一年でした。 週一の帰宅時のケヅメリクガメはだいたい寝ていました。 相変わらずの寝息、ほっとしますな。 マルコの座右の銘は「果報は寝て待て」に決めよう。
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

断捨離とケヅメリクガメ

今日は僕は正月休みだったが仕事があったので午後から出社。途中早めに昼食をとった中華料理屋は、僕が今年最初のお客さんだったみたい、でも特に愛想はなかった。 仕事を終えて有名なペットショップの前を通る。子犬や子猫をガラス越しに見るとちょっとアレックスヘイリーのルーツの一場面が頭に浮かぶ。 もしマルコを飼っていなかったら犬や猫を飼っていた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あけましておめでとうございます2011

サイトをうろうろしていたら「石井ゆかり」さんのページでこんな詩をみつけました。スウェーデンの諺だそうです。 Fear less, hope more; Whine less, breathe more; Talk less, say more; Hate less, love more; And all good thin…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

土俵の円は無限

昨年はドアの解体に始まってさらに一層ケヅメリクガメのマルコと人間の生活領域を明確にしました。彼の領域を多少狭くさせていただいたので、ストレスがかからないよう部屋の角を鈍角にしています。彼のたぎるパワーをTHROUGHするにはこうした配慮は必要ですね。おかげさんでこれらの角に関してはマルコの執拗な攻撃はさけられそうです...とりあえず …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

あけましておめでとう_2010

大晦日の昨夜は近くのTOHOシネマでかみさんと「のだめ」を見てきました。オーケストラ凄いですね。けっこう感動しました。小学生のころ笛やハーモニカの楽器が使えないので指揮者をやらせてもらったことがありますが、ほんとうはちがうんですね。指揮者って凄いんだ。パリの風景もよかったです。ということでまだ紅白は見ていませんが、今年もよろしくお願いし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋のケヅメリクガメは南に走る。それはいいけど家をこわさんといて。

この季節マルコの我が家破棄パワーはすごい。ついに彼は、自分が寝床部屋とする納戸のスチール製の棚をひっくり返した。それがつっかえ棒となってドアが開かなくなったので、なんとかこじ開けドアはそのままはずすことにしました。10年以上マルコにガリガリされた納戸のドアは、地球に優しくはないけどこの辺で役目を終えて廃棄させていただきます。そのままでは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

たまには書かねば

あいかわらずマルコの世話で大変です。この時期は南に移動したいのか昼は角をガリガリうるさいうるさい。こんなこともう10年以上やっているんだなあ。今や朝はヒトの枕を奪い取り、油断するとベランダの窓を勝手に開け、暴れ回っています。でも寝ているときはかわいいんだよなあ。 【桃次郎のつぶやき】八ッ場ダムの中止には大賛成。中止したら余…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初日とその風景

今年はお台場のテレコムセンターで初日を見ました。人と人の隙間からの太陽でしたが美しかったです。でもガラス越しの太陽はやはりいまいちでこれからは(けっして来年とは言いません)外で見ることにします。もう見ることのできないパレスのラウンジからの風景も載せます。 【桃次郎三行日記】 帰ったらマルコが床に粗相をしておりました。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これでもけっこう食事には気を遣ってます

マルコ対策に削られた壁を補修しようと思っていたが、ちょっと風邪気味でやる気が起こらず次回に持ち越し。巨大ガメのためにいつものスーパーに行くが、もう時は秋、モロヘイヤはなく空芯菜も250円とバカ高い。白菜や春菊は喜んで食べないようなので小松菜と青梗菜が主の単調な食生活になりそうだ。なにか安くて健康的な野菜はないかなー。無農薬のサツマイモの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ケヅメリクガメの体重グラフ(途中でめんどくさくなってやめましたが)

先日マルコの体重を量ったら32キロだった。彼が望むだけの餌の量を与えていないのでこの辺の数字近辺でバランスがとれているのだろうか。うれしいような彼に悪いような少し複雑な気持ち。 【筆者雑感】 知り合いの横須賀のリゾートマンションを訪問した。飾ってあったアフリカみやげの仮面は、なんとカメの甲羅から作られているんだと。うちのマルコが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カメは気にしない

このブログのテンプレートはタロットカードなんだけど、前回のアップしたらメッセージに凶の暗示が...その後携帯の液晶が割れて携帯が使えなくなるは、プレゼントに用意した観葉植物(サボテン←ケヅメリクガメが好きな人はサボテン好きのような気がする)を車に積もうとしたら誤ってサボテン本体より高いと思う鉢を割るは、今日は今日で下りの階段でこけて左足…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋の訪れとともに

例によってこの季節、我が家の巨大リクガメのマルコは、異常に走る。歩くのではなく走る。かつ、部屋の角の一ヶ所をがんがん押すは削るは、やり放題。この家がまだローンが終わっていないことなど彼は気にしない。少しは気にしろよマルコ! 、
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

たいした理由はないけど、少しブログを更新することにしよーっと。。。。

マルコが最初に我が家に来たのは1996年の10月頃だから12年経ったことになる。今はなき表参道のペットショップ「青山水族館」の水槽にロシアリクガメの兄弟の中で、活動的な子ガメがいた。半端じゃないくらい大きくなるよと言う店員さんの言葉に思案の夫婦。当時はカメのことは全くの素人で、知ってたらホシガメを選んでいたと思うね。でも我が家にやってき…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

久しぶりの書き込み

おそらくこれから寒くなる冬に向かって 今がいちばん走り回りたい、食べたい すなわち食欲、スポーツの秋ということでしょうか。 ということで今日もケヅメリクガメのマルコは元気です。 朝は餌をねだって主人を起こします。 餌を与えていれば静かなのでそのままほっておくと 油断は禁物で、こちらの食事が終わってうとうとしていたら あ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベジタブルホープ

夕方でかけようとしたら、一度寝床に入っていたマルコが起き出してきた。 たぶん食べ足り無かったのだろう。今日仕入れてきたキャベツの捨て葉を やったら満足そうに食べていた。かれは口に入る物なら一部の野菜を除いて 喜んで食べるのでその辺はかわいい。最近は野菜も安いので助かる。 ところで週末に青菜をまとめ買いする男を店の人はどうみてるだ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ついでにDVDレコーダーもいってみよう

朝起きると、そこの彼の顔があるとき ひょっとして自分もカメになってしまったのではないかと錯覚におちいる。 カフカじゃあないが目覚めれば巨大ガメになっていたらどんな生活を送ろう。 起きて食べて踏ん張って、食べて走って一休み 起きて食べて踏ん張って、食べて走って一休み 起きて食べて踏ん張って、食べて走って一休み 起きて食べて踏ん張って、食べ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

ニンテンドーDSの方があたる確率が高そうなので

ところで「浜茶屋」って何?「巨商伝」って? まあ、いっか。 マルコも気にしていないみたいだし。 我が家の巨大ガメは本日はおとなしかった。 といっても1日一緒にいたわけではないので確信はもてません。 前にも書いたけど低気圧の日は生き物は動きが鈍くなる。 飼い主も同様です。 頭も体も爬虫類並? そういえば昔むかし 梅図かずおのまんがに「へび…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

iPod miniが欲しいので

11月だというのに今日もいつも通勤に使う電車に冷房が入っていた。夜は夕立のような雨が降るし。地球温暖化が日本を、この巨大ガメの住み良い場所にしているのはちょっと複雑な心境だ。 (キャンペーンで指定のテンプレートを使うと、Ipodがあたるかもしれない。ということで濁酒のテンプレートを替えてみました。マルコよそろそろご主人様に恩返しをする…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

前向きな生き方

家を出るときに、廊下から彼がこちらを見ていることがある。ドアを閉めて寂しがってるかなあと思ってドアを開けると、彼は何もなかったかのようにすたすた歩いていた。 彼はとにかく前向きだ。 (右は2000年の写真です)
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

気がつけば奴がいた

最近、朝目を覚ますと隣に奴がいることがある。人の頭を枕から押しのけて彼がいすわっているのだ。それはいいけど、カメと枕を共にしている自分がなんだか爬虫類なみの頭の人間の用でちょっと悲しい。 あいつは絶対私のことを同類だと思っている。 でもいいか 「ボクラハミンナイキテイル」だもんな。 (右は1999年の写真です)
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

「秋色。」について

「秋色。」について ABさんアルバム見ていただいてありがとうございます。 最近野菜が高くなって、ブログどころではありませんでした。 おっしゃるとおり秋も深まり気温が低くなってきたせいか、 彼の食がやや細くなってきたのが 何よりの救いです。(て、言っていいのか) 彼にとってはうれしくないかもしれませんが、正直冬の方が 彼を飼いやすいのです…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ひっくり返したら起きあがれない

25キロの彼をひっくり返して介護おむつをあてがう。 ときどき脇から漏れるけど、だいぶお互いの生活環境が改善された。ガムテープで固定しても甲羅だから大丈夫だよね。 許せ。
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

彼は最近元気がいいです。

天気が悪い日が続く。 その割には彼は元気がいい。 どうやら「さかり」中らしく、向かうところ敵なしでお気に入りの場所(何カ所かあり)にガンガンガンガリガリガリすごいのなんのって、台風並みですよ破壊力は。
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

10月になると

10年日記を付けている。10年日記の今年は3年目、よく続いたものだと自分で自分をほめてあげたい。で、10月のページを見るとうちのカメが歩く歩くと書いてあった。気候が冬に向かって気温が下がっていくことが彼の本能に火をつけるのだろうか。自分の寝床の部屋と狭いリビングの間を廊下を通ってぐるぐる歩き続ける。あまり回るとバターになっちゃうよ(この…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

カメ好きのお薦めの本

マルコを飼いだしてから読んだのか、読んでからマルコを飼ったのか今では記憶もはっきりしませんが、石川良輔氏の『うちのカメ―オサムシの先生カメと暮らす』はカメ飼育者のバイブルじゃあないかなあ。 35年以上クサガメを飼っている先生の飼育エッセーなのですが、水槽から部屋に出して一緒に暮らす風景は、わーうちもこんな感じになったらいいなと思いまし…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ケヅメリクガメの飼い方

小さい子供時代にだまされてはいけません。非常のかわいいので思わず頬寄せ購入。 もちろん大きくなるのは覚悟の上。まず寝床を暖め、何しろ100グラムにいかないのですから体調管理に気を付けます。紫外線の出る蛍光灯を購入。お腹の暖まるは虫類用のヒーター購入。カルシウムがたっぷり必要だとアドバイスをいただいた(本にて)千石さんに従って卵の殻をミル…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

飼っているリクガメと頭を寄せて寝る

本日は休みにつき、寝坊を楽しもうと思っていたら案の定、7時過ぎにマルコが枕元にやってきた。人の頭の匂いをひとしきり嗅ぐと、食べ物でないことを確認し、彼も眠たかったのか枕の脇に彼も頭を乗せて寝入ってしまった。やれやれということで、1時間ばかり彼と朝のまどろみを楽しむ。30キロ近いリクガメと頭を寄せて寝ている人間は、日本では私の他にあと30…
トラックバック:1
コメント:9

続きを読むread more

しばらくぶりに書き込む

マルコとの戦いの夏はもう終わりを告げようとしている。 長くて暑い夏だった。 よく食いよく出しよく破壊した。 あっぱれ。 いつまでこんなゆとりのある気持ちで彼を語れるのだろう。 今シーズンのノウハウ おむつの下に新聞紙をあてがって、おむつの破壊を防ぐこと
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more